1. TOP
  2. 異常者の愛
  3. 異常者の愛 ネタバレ 6話【この愛は、異常】 (1巻)

異常者の愛 ネタバレ 6話【この愛は、異常】 (1巻)

異常者の愛 この記事は約 3 分で読めます。

こんにちは。

『異常者の愛』の

第6話「最悪」ネタバレです。

 

異常者の愛 1巻

3行で説明

  • サキ、2時間満喫
  • サキ、カズミにネタばらし
  • カズミ、絶叫

 

気になった方は、

無料で試し読みが出来る

BookLive!コミックさんへ。

>>>BookLive!コミック<<<

『異常者の愛』で見つかります!

BookLive!コミックについて、くわしくはこちら

 

 

ネタバレと感想

←前の話をおさらい

 

カズミはカフェで

時間を潰していました。

 

 

美術館デートの予定が、

2時間ほど遅れる、と

シノが連絡してきたためです。

 

 

そしてようやく

シノから電話。

 

 

カズミが駅についた?と聞いたら、

予想外の声がしました。

やっほーカズミ

三堂だよ

 

 

おい、フランクだなサキ。

カズミが最初、

サキを幻影と思ったことから

連絡してなかったはずなのですが…。

 

 

サキは、

フミカ殺害の現場となった教室へ

来るようカズミに言います。

四谷さんが話せなくなって

ヒマなんだ

 

 

監禁してたのは、

やはりあの小学校の

体育館なのでしょうか…?

なぜもぐりこめたのでしょう。

 

 

カズミは息を切らして

教室へ駆けつけたものの、

そこには誰もいませんでした。

四谷、四谷、四谷…!!

 

 

その後ろから現れたのはサキ。

 

 

右手にはシノのスマホ、

左手は…またしてもポケットの中

 

 

 

カズミはにぶい、

おかげで楽しめた、と

悠々と告げます。

 

 

たしかに、サキの気配を感じながらも

手うってませんでしたもんね。

もう少し危機感があれば…。

 

 

サキは懐かしそうに話します。

カズミが教室に着いて

私がいて…

あー…

なんか既視感あると思ったら

フミカちゃんの時と

同じなんだ♪

 

 

笑顔で、ポケットの中から出した

左手に握っていたモノは、

カズミの絶叫が意味することは…!

 

→続きを読む

 

気になる方は

まず試し読みしてみてください♪
>>>BookLive!コミック<<<

『異常者の愛』で見つかります!

くわしくはこちら

 

関連記事

  • 異常者の愛 ネタバレ 5話【百合SM好きにはたまらない!?ぐちゃぐちゃプレイにもらい泣き】(1巻)

  • 異常者の愛 ネタバレ 14 【ひさびさに流血も涙もないのに殺伐とした新章幕開け 】 (2巻)

  • 異常者の愛 ネタバレ 29【平穏に暮らしてくれない殺人鬼にガクブル】 (3巻)

  • 異常者の愛 U-NEXT【三次元のエログロにも進出】

  • 異常者の愛 ネタバレ 22【ご機嫌ニューゲームの殺人鬼怖い】 (2巻)

  • 異常者の愛 ネタバレ 30【殺人鬼の自業自得に、ひけめを感じてる主人公優しすぎる】 (3巻)